>> この占い師に占ってもらうには? <<
電話占いはこちらから

2014年08月26日

占術のご紹介?その1

Robinです、こんにちは〜

先日、何となく自分のプロフィールを見ていたら、
いつの間にか随分と占術を増やしていたな!と感じました。

色々と沢山書いてあるけど今ひとつ解り難い?ものもあると思いましたので、
ここで改めて、何度かに分けて自分の占術をご紹介する事にしました。
第1回目の今日は「流年手相」です。

流年手相
頭に「流年」と付けたのは、既存の多くの手相術とは少し差別化をしたかったからです。
今までの手相術はどちらかと言うと大雑把!
「あなたは金運良い!」とか、「あなたはこういう性格で、こんな職業に向いている…」etc〜

ですが流年(手相の線上に年齢を読むこと)で、人生上の大きなイベント
(結婚・独立・昇進や、はたまた離婚・障害・病気など)を前もって認識し、
良い出来事は更に実現を確実にする為に動き、反対に悪い出来事は
そうならない様に(大難は小難に、小難は無難に)回避すべく努力をする!

これができるのが流年手相術の醍醐味です。
四柱推命で自分の命式から、どの様な人生を狙うのが効率が良い!とか、
10年毎の大運や年運でどの様な流れが来るのか読むのに似ているかな?

尚、通常は生命線と運命線上で流年を読むのですが、
場合によっては知能線・太陽線や結婚線、まれには感情線上でも
流年を読む事があります。

しかしながら、何もサインらしきものが出ていない!方も少なくありません!
そういう方には手相に良い線が新たに出て来る様なアドバイスを致します。

今回はこの辺で〜
posted by ROBIN(ロビン)先生 at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。